猫の気持ち

野良猫を見つけて「カワイイ~♪」っと手を出してしまうと、引っ掻いたり噛み付かれたこともよくありました。

猫だって知らない人が急に近づいてきて、捕まえようとすれば怖くて仕方ない
「ボクだって怒れば強いんだゾォ~。お願い、それ以上近づかないで」と、全身で伝えるのは当然ですね (;^ω^)

 

★ 猫の気持ち

普段 (リラックス状態)
耳をピンと立て、座ってジットしているか、立っていてもシッポはダラーンと垂れている。

 

うっとうしいな、イライラしている
耳を立てて、シッポを大きく左右に振る

 

チョッピり怖い
座ってたのが立ち上がって睨みつける。
耳が後ろ側に倒れて、姿勢が低くなり体が縮まりシッポを足の間に挟む。
「まだいるの?」っともっと不安になると、背中が丸まってきてシッポも上がる。

 

怖い: 近づかないで!! 猫パンチするぞぉ~!!
耳が完全に倒れ、低い姿勢で体を縮めながら「ブゥゥウ・シャー」と威嚇の声を出す。
もっと不安になると、うなり声をあげながら体を大きく見せようと立ち上がって毛を逆立たせる

 

遊ぼ・遊んで~♪
シッポを逆U字型にして軽快に近づいてくる。
お腹を出してゴロ~ンとひっくり返ったり、喉を「ゴロゴロ」鳴らしながら擦り寄ってくる。

 

猫イラスト2

猫の気持ちが見分けられるようになっていると
引っ掻かれたり噛み付かれたりすることがなく、野良猫と接することが出来ますね (*^。^*)

 

 

 


これまでのコメント

  1. キャラリーパミュパミュ より:

    ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

◆ 地域みんなが猫の飼い主!

「地域猫」のすすめ―ノラ猫と上手につきあう方法 黒澤泰(くろさわやすし)

ご近所にいる野良猫とうまく付き合っていくためにどうすればよいのか、
猫好きの人はもちろん、猫が嫌いな人も一緒に考えてみましょう。