エサやり:行楽地

お花見やイベント会場・行楽地、途中で立ち寄ったパーキングなどでも野良猫を見かけると
「可愛い」「可哀相」「ひもじいだろう」と、ついつい自分が持ってきたお弁当をわけてやったり、わざわざコンビニでソーセージを買って与えてませんか?

はい。 実は私もやってました。 σ(^◇ ^;)
でもこれって猫のほうからしたら迷惑な事なんです。

 

一度エサをもらってしまうと
「今日もまたもらえるのかな?」と毎日毎日同じ場所に行き、あなたが来るのを待っているんです。

たった一度しか合わないのに、かわいそうだからと安易な気持ちでエサをあげると
その場所を縄張りとしている別の猫と喧嘩となり大怪我をしてしまったり、猫エイズや感染症を移される
慌てて逃げている途中に車にはねられる、と言ったように「命」を落としてしまうことになってしまいます。

一度しか合わない猫にエサをやらないよりは優しいとは思いますが、
エサだけやってどんどん猫が増えて行くことは、その場の地域住民からの苦情が出るのも当然だよなぁと思います。
「可愛い」「可哀相」「ひもじいだろう」といった安易な思いからのエサやりはやめましょう!!

善意のつもりが、かえって猫達を邪魔者扱いにされる結果になりかねません。
猫好きにはチョッピリ辛いことだけど、猫のためにも行楽地でのエサやりはやめましょうね (^O^”)/

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

◆ 地域みんなが猫の飼い主!

「地域猫」のすすめ―ノラ猫と上手につきあう方法 黒澤泰(くろさわやすし)

ご近所にいる野良猫とうまく付き合っていくためにどうすればよいのか、
猫好きの人はもちろん、猫が嫌いな人も一緒に考えてみましょう。